チャンピックスの働き

タバコがやめることができない。その原因のほとんどがニコチン依存症となってしまっているのです。ニコチンは一種の麻薬のようなもので摂取することで脳からドパミンを放出させ満足感やリラックスなどの感情をもたらせてくれるのです。そして何回もタバコを吸っていくうちにニコチンなしでは満足できなくなってしまい、逆にタバコがないといらいらしてしまうようになります。そこで従来の禁煙の補助薬などはそのほとんどがニコチンを含んだ製品ばかりだったのです。しかしニコチンの依存症なわけですから、摂取すればそれは克服したことにならず中々禁煙することは難しいのです。そこでチャンピックス今現代における医学の中で、ニコチンを含まない禁煙補助薬として初めての誕生になったのです。

作用

主成分はバレニクリン酒石酸塩で、服用することことで脳にあるニコチン受容体と結びつき、ニコチンと受容体が結び付くのを防ぎます。したがいチャンピックスの服用の最初の一週間は喫煙しながら服用することができます。逆に今までタバコを吸っていた人が急にタバコを辞めると体がびっくりしてしまって離脱症状がでてしまう恐れがあります。そのため最初の一週間は服用しながらタバコを吸っても大丈夫なのです。(途中でタバコ吸わなくても大丈夫であれば吸わなくてもよい)バレニクリン酒石酸塩はニコチン受容体への刺激作用ともう一つ拮抗作用の二つの作用に働きかけてくれます。

刺激作用

刺激作用としてはタバコのニコチンよりも弱く、受容体を少し刺激させ少量のドパミンを放出させてくれます。そしてタバコを辞める事で出てしまう離脱症状や、タバコを吸いたいという欲求などを軽くするのです。バレニクリン酒石酸塩のドパミン放出量ですが、ニコチンの約半分くらいになります。

拮抗作用

拮抗作用とはニコチンと拮抗してその働きを抑えてくれます。それに従いニコチンによるドパミンの放出が抑えることができるので、服用中にタバコを吸ったとしても依然と同じようにすっきり感や満足感を得ることができなくなるのです。臨床試験でもブラセボ(偽薬)と検証した結果70%の人が禁煙することができました。(ブラセボは40%)

チャンピックスの通販サイト