タバコの害

一昔前に比べてタバコを吸っている人はかなり減少しました。しかしタバコは体に悪いものだとわかっているけど具体的にどのように悪いのかはあまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか?なんとなくタバコ=体に悪いというイメージがあるからタバコはやめなくちゃいけないと考えてはいるけどやっぱりやめられないという人がほとんどだと思われます。タバコにニコチンが含まれていることはほとんどの人がいますが、他にどのような物質含まれているのでしょう?実はタバコの煙には4000種類以上もの化学物質が含まれているのです。4000種類も!?と大抵の人がびっくりするのですが、その中の60種類はなんと発がん性物質となっているのです。

タバコの化学物質

タバコの害の代表としてあげられている化学物質をご紹介いたします。

アセトン→ペンキの除去剤として使用されています。
ブタン→ライターの燃料として使用されています。
カドミウム→車のバッテリーとして使用されています。
一酸化炭素→排気ガスと同じ物質です。
ヒ素→虫の殺虫剤などで使用されています。
トルエン→工業用の溶剤として使用されています。

これだけ見てみるとかなりの化学物質が含まれていますが、殺人などで使用されているヒ素などが含まれてるのには一番びっくりしますね。

受動喫煙

さらにこれだけの悪影響の物質が自分だけへの影響なら自業自得でいいのですが、受動喫煙と言ってタバコの副流煙により周りの人へも影響を及ぼしているのです。再三タバコの煙は妊婦によくないと耳にする機会が多いのにそれでもまだ妊婦や小さい子供の前でタバコを吸っている人を見かけます。これは吸わない人に対する虐待とも取れる行動で、あまりにも自己愛が強い人とも捉えられてもおかしくないこととなります。タバコを吸わない人が副流煙などを浴びてしまうと心筋梗塞や狭心症などで死亡してしまう確率が1.5倍から2.5倍にも膨れ上がってしまいます。

そして妊婦が受動喫煙にあうと、流産や早産を引き起こしやすくなるだけでなく、生まれてきた子に対しても低体重になったり乳幼児突然死症候群などの命の危険にも脅かされてしまうこともあるのです。これでは喫煙は自業自得とは言えず、他人への害もあることをまず考えるべきでしょう。禁煙したいと考える前になぜ自分はたばこを辞めなければいけないのか一度考えてみましょう。